糖質の摂取量を減らす!糖質は他の栄養素と一緒に摂取したほうが良い

糖質というと、今ではコーヒー、紅茶などに砂糖を入れるという形で、いつの間にか摂取していることが多い栄養です。

また、糖質を摂り過ぎると太ってしまうと言われていますが、そもそも、糖質は体内にとって重要なエネルギーなので、よほどのことがない限りは、糖質を摂り過ぎてしまう危険性が発生することもありません。

というのも、基本的になにかしらの行動とともに糖質は使用されるからです。例えば、なにもしていなくても人間の体というのは、エネルギーが消費される仕組みになっています。

これを基礎代謝というのですが、糖質もこのような代謝の際に使用されるエネルギーの1つなのです。では、糖質を摂り過ぎてしまうと太ってしまう人もいるのかというと、それは食事のバランスが影響しています。

例えば、1日3食ではなく2食しか食べていない人でも、1回の食事量が多すぎる場合は糖質の摂り過ぎ、そして肥満体型になってしまう可能性が高まります。人間の体というのは、上手く栄養を消化できない時ほどエネルギー効率が下がってしまうのです。

エネルギー効率は代謝に影響を与えますので、食事は少しお腹が膨れる程度で行ったほうが良いでしょう。その度合いを大きく超えている状況では、体内の余分なエネルギーとして、糖質以外のエネルギーが優先して消化、吸収されるのです。

すると、糖質が余ってしまう、もしくは消化されないままとなり、糖質はブドウ糖に変換後、さらに内臓脂肪という形で貯蔵されるようになります。この現象こそが、体内に脂肪が溜まっていく現象なのです。

そもそも、糖質は三大栄養素の1つなので、不要なエネルギーということはありません。しかも、他のエネルギーと比較して、野菜などを中心として、摂取しないといけないエネルギーでもあるのです。

今では、デンプン、もしくはオリゴ糖という形で糖質を摂取できるので、簡単に摂取できる栄養と思われていますが、本来はそれほど摂取できない栄養だったのです。しかし、今では糖質を含むお菓子が増えてきていますし、砂糖などコーヒーなどに使用するブロックタイプの糖質も増えています。

後、糖質のように甘いものを多く摂取していると太りやすいだけでなく、歯、細胞などが傷みやすくなるという情報は本当です。というのも、糖質を多く摂取していると、胃腸に届く糖質と、体内のどこかに留まってしまう糖質が出てくるからです。

甘いお菓子などを食べていると、歯のすき間にネチャっとしたものが絡みついたりしますが、これは糖質と歯に溜まっている食べ物のカスがくっつき、それにより粘性が発生すると、段々と歯のすき間にネチャっとしたものが溜まっていくのです。これを媒介にして、歯に存在するバイ菌が増殖していくため、糖質を多く摂取していると、あらゆる病気にかかりやすくなるのです。

近年では、歯周病を予防できていない人ほど、歯そのもののリスクが高く、また、内臓、血管にも悪影響を及ぼすとされています。なので、歯周病を予防するために歯を磨き、また、1日3食という食事のバランスを保って、無理な栄養の摂取を控えるようにしたほうが、健康的な毎日を過ごせるようになります。

脂肪酸の上手な摂取方法!魚も食べるようにすると体が健康的になる

魚を良く食べている人は頭が良い、健康的と言われることが多いのですが、これにはれっきとした理由があります。

まず、魚には脂肪酸が多く含まれているのですが、脂肪酸を正しく摂取していないと、以下のような問題が起きやすくなるのです。脂肪酸はドロドロ血液にも効果があり、正しく摂取していないとドロドロ血液により、数多くの血栓ができあがりやすくなります。

これにより脳梗塞、心筋梗塞といった病気のリスクが上がってしまうため、今では、脂肪酸の価値が見直されるようになりました。他にも、集中力、記憶力にも大きな影響があるとされています。

集中力は忍耐力にも影響を与え、あまり野菜や魚、もしくは健康に良いとされる調理油を使用しない人では、集中力が低いためにイライラすることが多くなるのです。記憶力に関しては、アルツハイマー型認知症を予防する上でも必要と言われています。

近年では、欧米食(肉ばかりの食事)だけでなく、ジャンクフード(脂っぽい食べ物)を食べる若者が増えているため、脳になにかしらの異常が見られ、その影響で若年性アルツハイマー病にかかっている人が増えているのです。

過去では、若い人にあまり見られなかった病気として注目を集めることとなりましたが、この問題は現在もあまり解決できていない状況です。しかし、健康に良いとされる調理油、魚、野菜を食べている人では、脳の血管が丈夫なだけでなく、その影響で、集中力なども改善できているケースが多く確認できているのです。

そもそも、脂肪酸にはEPA、DHAのように脳に良いとされる栄養が多く存在します。EPAはドロドロ血液を改善してくれる効果、そして、DHAは神経に働く作用があるとされています。

また、このような脂肪酸は特に魚に多く、今では青魚(アジ、サバ、マグロなど)に多く含まれている栄養であることもわかっています。補足となりますが、DHAは神経に働く栄養とされており、それほどドロドロ血液に効果があるわけではありません。

なので、DHAを摂っているとドロドロ血液が改善でき、しかも、記憶力アップにつながるという情報は信用しないほうが良いです。EPA、DHAともに相互作用で栄養効果が大きくなるという性質があるため、重要なのは、EPA、DHAを多く含む魚肉を食べて、健康的な生活を送ることなのです。

それと、サプリメントを摂取するだけで、脂肪酸を多く摂取することは可能という情報も、あまり信用しないほうが良い情報です。というのも、過剰に摂取した場合には以下のような副作用が発生するからです。

サプリメントの注意書きの欄にも書かれていますが、EPA、DHAの摂り過ぎでは、下痢、吐き気、出血が止まりにくくなるといった副作用があり、他にも、食欲低下、便秘といった症状が表れることもあります。場合によっては、血圧低下による目眩などが発生することもあるので、サプリメントで大量に摂取するよりも、食事を通じて美味しく脂肪酸をいただいたほうが賢明です。

レタスの新事実!ビタミンが意外と少ない食材として知られてきている

レタスというと、レタス○個分の食物繊維というキャッチコピーが、食材、もしくは野菜ジュースなどに用いられています。

なので、人によってはレタスは比較されるほど栄養が多いと勘違いしている人もいますが、基本的に、みずみずしい野菜のほとんどは、それほど多くの栄養を含んでいるわけではありません。レタスも例外ではないので注意してください。

レタスを食べた場合、主に水分を摂取している割合が高く、レタスから摂れる栄養についても、以下のように独特な栄養のほうが多いのです。まず、レタスには葉緑素(クロロフィル)が多く含まれています。

こちらは免疫力アップで知られている栄養なのですが、葉緑素を摂取していると、強い抗酸化力を得られるようになります。抗酸化力とはアンチエイジング効果を含む力のことで、抗酸化力が高い体というのは、主に細胞が活き活きしている状態のことです。

子どもの体と大人の体を比較するとわかりますが、大人の体は子どもの体と比較して、それほどモチモチとしていませんし、ツルツルとしていません。つまり、酸化が進んでしまっている肌は傷みやすく、その影響で艶が失われてしまいやすいのです。

レタスは、このような問題を解決してくれる葉緑素を含んでいるので、レタスはシミ、シワを減らしたい人が良く食べている食材でもあるのです。また、レタスのような淡色野菜には、緑黄色野菜と比べて多くの免疫力アップの栄養を含んでいます。

そのため、レタスを良く食べていると風邪にかかりにくくなると言われているのです。また、このような栄養は水に溶けやすい性質のものが多いため、長く水洗いする、もしくは煮込んだ後に出汁を捨ててしまうのは良くありません。

レタスの栄養を上手に摂取する場合は、ちぎって冷水につけ、そしてサラダに盛り付ける、もしくはレタスを蒸しておき、肉を巻いて食べるようにすると、レタスを美味しく、且つ消化率を高めた状態で食すことができます。

それと、レタスには食物繊維が多く含まれているとされていますが、実際はそれほど多くの食物繊維を含んでいるわけではありません。レタスは、100gあたりで食物繊維が1.1gとなっておりますので、他の野菜と比較しても食物繊維の量が少ないのです。

ただ、レタスの食物繊維は不溶性食物繊維と言われるものです。不溶性食物繊維を摂取していると、腸内に溜まっている食べかすを上手にまとめて、排泄の際に排出しやすくなるという利点があります。

なので、最近になって便秘に悩むようになった、もしくは、栄養の吸収効率が下がってきていると感じる人は、添え物としてレタスを使うようにすると良いでしょう。ただ、レタスの不溶性食物繊維だけでは、便秘解消が難しいこともあるので注意してください。

食物繊維には、不溶性食物繊維だけでなく水溶性食物繊維も存在します。水溶性食物繊維は、麦、もち米といったモチモチとした食材に多く含まれている栄養で、不溶性食物繊維を2、水溶性食物繊維を1のバランスで摂取していると、腸内環境が改善されやすくなるとされています。

他の食材と併せて食べたほうが良い!もやしに不足している栄養素は?

もやしは、約95%が水分となっているので、栄養が多く含まれている野菜ではありません。

また、加熱すると栄養が失われやすいという性質があるので、加熱には注意を払わないといけないのです。なので、もやしを調理する際は、もやしに含まれているビタミンCといった、加熱すると失われやすい栄養に気を配り、調理を行うことが重要となります。

もやしには、ビタミンC、カロテン、カリウムといった栄養が含まれています。たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、鉄分といった、有名なミネラルが豊富に含まれているわけではないので、調理する際は、これらの栄養も補ったほうが良いでしょう。

例えば、たんぱく質、鉄分などを追加する際は、肉料理にもやしを混ぜるだけで問題ありません。カルシウム、マグネシウムに関しては、魚貝類と一緒にもやしを調理するだけで得られるようになっています。

魚介類ともやしは、味わいを統一することが難しいと考えてしまいますが、和え物として調理する場合には問題ありません。魚の切り身をぶつ切りにして、後は酢と一緒に茹でて柔らかくしたもやしを混ぜるだけで、美味しい和え物が完成します。

それと、もやしには大豆もやしと言われている、通常のもやしと比較して豆の部分が大きなもやしも販売されています。こちらは栄養が通常のもやしよりも多いので、ダイエットも意識して、もやしの栄養を多く摂取したいという人は、大豆もやしを食べるようにしましょう。

大豆もやしを良く食べていると、以下のような栄養、栄養効果を得られるようになりますので、最近では、もやしの栄養もかなり見直されつつあります。まず、もやしにはカリウムと言われている、緑黄色野菜に多く含まれている栄養が含まれているのです。

カリウムは、尿中にナトリウムを含ませることで、余分に体内に存在するナトリウムを、体外に排出することが可能となるのです。ナトリウムが多く溜まっている体は、血のめぐりが悪くなりやすいだけでなく、体内に存在する水分を用いてナトリウム量を薄めるため、体内の水分量が減りやすいという問題が発生します。

その際に、臓器が疲れやすくなってしまったり、人によっては気分が悪いといった症状が表れるようになるのです。老化に伴い、このような症状が強まっていくため、もやしを食べることは、体内を浄化する上では欠かせない行為なのです。

また、カリウムには血圧低下の作用もあります。血液循環を改善してくれますし、女性の場合は月経不順等に効果があるとされているため、このような特殊な用途でもやしを食べている人もいるのです。

他にも、もやしにはアスパラギン酸が含まれています。アスパラドリンクなど、今ではアスパラギン酸を多く含むドリンクが販売されていますが、アスパラギン酸には疲労回復効果があり、また疲労そのものに強くなると言われているのです。

アスパラギン酸は多く摂取することが難しい栄養の1つなので、このような栄養効果を狙ってもやしを食べるのも良いでしょう。

近年では、便秘改善によるダイエット効果を狙って、もやしを食べる人も増えてきました。老化に伴い、便秘、もしくは下痢の症状が頻発するという人は、もしかすると、体内環境であり腸内環境に問題があるのかもしれません。

しかし、もやしは水分を多く含むという珍しい食材でもあるので、もやしを多く食べていると、胃腸に溜まっている食べかすが軟便化しやすく、これによりお通じが改善しやすくなるのです。ただ、水分を多く含む食材なので、もやしを多く食べ過ぎると、下痢の症状が強まってしまうこともあるため、このことを理解して適切に食べたほうが賢明です。