カリウムを多く含む!今では注目されているカリウムの上手な摂取方法

今では、サプリメントの人気も高いカリウムですが、カリウムは中高年の方から支持されている栄養としても知られています。

その理由ですが、年齢を重ねるごとに体の節々が痛い、もしくは内臓が焼けているような感じになり、病気などの治療にかかる日数が長くなったという人が、中高年に多い状況となっているからです。このような問題は、近年になって良く見られるようになりました。

過去でも、内臓の病気は多く存在していたのですが、そのほとんどがお酒、煙草による内臓の問題、もしくはガンなどの発症により、問題が重症化していくというものだったのです。ですが、現代では食生活が昔に比べて大きく変わってしまったため、このような原因が不透明な状況で、内臓に多くの問題を持つ中高年の方が増えているのです。

また、今では高脂血症のようなナトリウムの摂取量に問題があり、内臓の問題が増え続けているという指摘が増えています。ナトリウムは、体内になくてはいけない栄養の1つなので、そもそも毎日の生活に必要な量を下回って生活することも、体にとって良くない行動であると言えます。

ですが、現代社会ではナトリウムをジャンクフード、もしくは外食によって摂り過ぎてしまうことが多く、このような問題が段々と明るみになってきている状況なのです。ジャンクフードはソース、もしくはピクルスといった添え物に多くのナトリウムが含まれており、外食の場合は、肉食を中心としていると調味料を通じて、多くのナトリウムを摂取してしまうとされています。

ですが、カリウムを良く摂取するようにすると、このような過度なナトリウムの摂取、そして内臓機能の衰えを低減することが可能となるのです。その理由ですが、カリウムは体内に存在する不要なナトリウムを、尿中に含ませる形で、体外に排出してくれるという性質があるからです。

カリウムはきゅうり、トマトといった野菜に多く含まれている栄養なのですが、的確にカリウムを摂取したい場合は、サプリメントを通じて摂取すると良いでしょう。野菜を良く食べている人でなければ、1日に必要なカリウムの摂取量を満たすことが難しいので、サプリメントを通じて摂取している人が多い状況でもあります。

ちなみに、カリウムは高血圧予防でも有名な栄養です。というのも、体内に溜まっているナトリウムの量が減ると、内臓の働きが活性化するからです。

これにより受けられる大きな恩恵の中に、血流改善効果があります。つまり、カリウムを正しく摂取していると、血のめぐりが良くなるだけでなく、血管そのものに与えるストレスを減らすことができるのです。

カリウムは、豆類に多く含まれていることでも有名なのですが、大豆には30gで570マイクログラム、いんげん豆には30gで450マイクログラムが含まれているとされています。他にも、アボガド小の場合は、2分の1個(70g)で504マイクログラムという、大量のカリウムを摂取できるようになっています。

虫歯の原因にも効果的!?今では摂取しやすくなったオリゴ糖と性質

今では、オリゴ糖配合のドリンク、もしくはヨーグルトといった発酵食品が増えています。

ですが、オリゴ糖には明確な栄養効果があるため、今ではこのようなドリンク、食品の存在についても、正しく知られている人が増えてきています。オリゴ糖は、そもそも少ないという意味で用いられています。

というのも、オリゴ糖は単糖が2~20個でグリコシド結合したもののことです。つまり、寄り集まって1つのものになっているだけで、1つ1つは小さすぎる、少ないという扱いを受けるほどのものなのです。

しかし、オリゴ糖を正しく摂取していると、腸内で善玉菌の栄養になることが今では良く知られています。善玉菌は、主に善玉コレステロール(HDLコレステロール)として扱われている菌のことなのですが、腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種の菌がバランス良く存在しているのです。

ですが、下痢、便秘、腹痛、消化不良に悩まされる人の多くは、老化に伴い、腸内菌のバランスが悪くなり、その結果で悪玉菌が増えすぎる、もしくは善玉菌が減りやすくなるというトラブルを抱えています。この問題を解決してくれるものこそ、オリゴ糖、もしくは発酵食品なのです。

オリゴ糖は消化吸収を助けるという働きがあるため、お通じなどの改善で高い効果を上げていることが多いです。しかも、オリゴ糖には消化吸収されにくいタイプが存在し、こちらは大腸まで届くという性質があるため、大腸の環境を改善する場合に用いられることが多いのです。

オリゴ糖以外にも糖類は存在しますが、健康において良くオリゴ糖が利用されるのは、このような使い勝手の良い糖類として、利用できるようになっているからとされています。さらに、オリゴ糖を良く摂取していると腸内環境が正常になりやすいため、その影響でダイエットにも成功しやすくなると言われています。

腸内環境が正常に近づくほど、脂肪の燃焼効率が改善されることが多く、その際には、内臓脂肪といった燃えにくい脂肪も燃えやすくなるのです。食事量を減らしても痩せられない人は、もしかすると腸内環境が正常ではない可能性が考えられます。

近年では、腸に良く効く乳酸菌の開発も進んでいますので、良ければ、オリゴ糖と併せて、自分にあった乳酸菌などを摂取してみてはと存じます。オリゴ糖以外にも、難消化性で知られているものには、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、そしてパラチノースが存在します。

これらは腸内環境改善だけでなく、虫歯などの治療でも使われることが多い糖類です。他にも、オリゴ糖を良く摂取していると、胃腸環境が良くなるためお通じなどが改善し、しかも、おならの臭いまでもが改善される例が存在します。

人によっては体臭などを気にしている人もいますが、体内に毒素が溜まっている人ほど体臭は悪化しやすい傾向にあります。オリゴ糖は腸内環境改善とともに、体内に溜まっている毒素を食べかすに含ませ、排泄を通じて体外に排出するという働きもあるため、臭いなどの問題を抱えている人もオリゴ糖と相性が良い人です。

健康に必須の不飽和脂肪酸!オメガ脂肪酸とも言われる栄養素の実態

不飽和脂肪酸というと、今では健康に欠かせない栄養として扱われることが多く、特にオメガ3脂肪酸と言われているn-3系のDHA、IPA、αリノレン酸などが有名です。

なぜ、不飽和脂肪酸は健康に欠かせない栄養なのかというと、それは、不飽和脂肪酸にしかない健康に良い効果が存在するからです。まず、不飽和脂肪酸は植物油、もしくは魚油に多く含まれている栄養のため、カロチンのように色素として確認できるタイプの栄養ではありません。

多くの人は、魚貝類を食べた時、もしくはアーモンドといった植物油を多く含む食べ物を食べた際に、自然と不飽和脂肪酸を摂取していることが多いのです。不飽和脂肪酸には、中性脂肪を減らしてくれる働きがあるので、今ではダイエットにも良い脂肪酸として評価されています。

運動をすることで筋肉を付けると、脂肪は燃焼されやすくなると言われています。ですが、不飽和脂肪酸による脂肪の燃焼効果とは別物なので、同じものだと誤解しないように注意してください。

運動の場合は、元々燃えやすい方の脂肪、もしくは脂肪に置き換わる糖質が燃焼しているだけです。最近になって摂取した栄養であれば、運動でも上手に燃焼することができます。

ですが、内臓脂肪であり中性脂肪は、使用されないまま体内に残った、燃えにくいタイプの脂肪なのです。このような脂肪は、他の栄養とくっつく形で燃えるケースが多いため、運動をしていても中性脂肪の全体量は減りにくいとされています。

その他の方法では、不飽和脂肪酸を取り込むことで、動脈硬化を治し、さらに高血症を予防することで、体内に蓄積される中性脂肪の量を減らすことが肝要です。不飽和脂肪酸の場合、多く摂取している人ほどコレステロールも減りやすくなることが確認されています。

先ほどのオメガ3脂肪酸(DHA、IPA、αリノレン酸)の場合は、心疾患、アレルギーを防ぐ役割もあるので、今では中々治すことができない病気の治療でも、不飽和脂肪酸の評価が高まっている状況です。しかも、一価不飽和脂肪酸(オレイン酸など)は、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を下げずに、他のコレステロール量を減らす役割があるのです。

コレステロールのバランスが悪いと、胃腸環境が悪化しやすく、それにより栄養の吸収効率が下がってしまいますので、不飽和脂肪酸の摂取は健康に良いのは確かでしょう。補足となりますが、不飽和脂肪酸は以下のような食品に多く含まれています。

まず、今ではオリーブオイル、亜麻仁油が有名になっていますので、とりあえず、不飽和脂肪酸を摂取してみたいという方は、これらの調理油を通じて、健康的な生活を手に入れてみましょう。調理油はドレッシングとして使用しても問題なく、食べ物に直接かけても問題なく栄養を摂取できます。

ただ、クルミ、アーモンドにも多くの不飽和脂肪酸が含まれているので、おやつをアーモンドなどに替えるだけでも、不飽和脂肪酸を適度に摂取することは可能です。

脂質も摂取する!脂質はダイエットの時も減らさないほうが良い栄養素

ダイエットを考えている人の多くは、脂質を避けた食事を行ったほうが良いと考えている傾向にあります。

ですが、脂質は三大栄養素の1つでもあるので、摂取していないと、体に不具合が発生するリスクを高めることが多いのです。そもそも、脂質で注意すべきは油を多く摂取しているかどうかです。

油というのは、食べ物の栄養として存在する脂の方ではなく、調理で使用することの多い油のことです。近年では、ダイエットを意識しても痩せられない人もいますし、食事を正しくとっていても健康になれない人もいます。

このような人たちは、脂質を減らしているだけで健康に気遣っていないことが多く、油の摂取量がまったく減っていないために、他の人と比較して痩せづらいとされています。油は、菜種油が一般的ですが、近年では、米油、オリーブオイル、紅花油を用いて調理を行ったほうが、健康的な毎日を送れる可能性が高くなります。

というのも、米油といった健康に良いとされる油には、多くの不飽和脂肪酸が含まれているからです。脂質というのは、不飽和脂肪酸を多く摂取していることで、上手に燃やされるようになる性質がありますので、そもそも、調理用の油はどれでも良いという考えではいけません。

それと、1回の調理で使用する油が適切であったかも確認しましょう。卵焼きのように、簡単な調理では大さじ一杯が望ましいとされていますので、さじ加減を理解して調理することも大切です。

脂質を正しく摂取していると、細胞膜、血液の成分の生産効率が高まり、これにより若々しい体を維持できるとされています。つまり、無理に脂質を制限するようなダイエットを続けていると、肌が乾きやすくなったり、ドロドロ血液に悩まされるリスクが高まるだけなのです。

このように人の生活に直結している栄養素のため、脂質は三大栄養素の1つとなっているのです。ちなみに、脂質を摂ると脂肪になるという考え方も間違っています。

脂質は、体脂肪という形で貯蔵されるのは確かですが、体脂肪のほとんどはビタミンなどの吸収効率を高める際に必要なので、栄養の吸収に対してクッションの役割を果たすケースが多いのです。つまり、ビタミンなどを多く含む食事を摂っている人であれば、自然と脂質も使われやすくなるという背景があり、すぐに燃えにくい内臓脂肪などに置き換わるという考え方は間違っています。

他にも、油を使用することで脂質を得ることは良いことなのですが、脂身が多い肉、もしくはバターを通じて脂質を多く得るのは良くありません。というのも、動脈硬化のリスクが高まってしまうからです。他にも、このような脂質の摂り方を繰り返していると、脳卒中、心筋梗塞を発症してしまうリスクも高まります。

脂質というと、生活習慣病の原因と思われていることも多いのですが、正確には脂っこいものを食べていると生活習慣病のリスクが上がるだけです。なので、肉、油だけでなく、可能であればビタミン、もしくは脂肪酸を多く含む野菜、魚貝類も食べるようにして、内臓の働きを改善しながら、脂質を上手に吸収すると良いです。