上手に栄養素を摂取したい!そんな人ほど栄養素の基礎知識が大事

栄養というのは、毎日の食事を行っているだけで、しっかりと体内に蓄積されている、もしくは使われているというイメージがあります。ですが、偏った栄養素の摂取を行っていると、かえって体調不良になることもあります。

なので、栄養素を上手に摂取したいという人は、正しい知識を得てから、毎日の献立をしっかりとしたものに変えてみると良いです。栄養素の中には、最近になって注目されるようになったものも増えています。

このような案内についても、多数収録しておりますので、良ければ、最近になって注目されるようになった栄養素には、どのようなものが含まれるのかも確認してください。他にも、上手に栄養素を摂取するための料理も案内しています。

今では、肉を食べると太るという曖昧な考え方も減ってきていますし、肉を用いる健康法、もしくはダイエットレシピまで存在するのです。そのため、なぜ肉が体に良いのかに関しても、記事内で詳細の案内を行わせていただきました。

これから丈夫な体を作りたい、もしくは健康的な毎日を送りたいという人は、記事を参考にして健康を改善する努力を続けてみてください。記事内では、低カロリーなのに栄養が多い食材も取り扱っているので、女性にとっても役立つ情報が満載となっています。

意外と知らない栄養素の詳細!知って得する栄養素の豆知識

近年では、人参に含まれているカロチン、トマトに含まれているリコピンなどが有名になってきました。これらが人気になっている理由は、高齢者の体の問題に良い効果があるからです。

例えば、リコピンを正しく摂取していると、段々と排尿障害などが落ち着くこともあり、リコピンを正しく摂取する方法、もしくはリコピンを多く含んでいる食材などが有名になっています。このような知識も、記事内にまとめられているので良ければ参考にしてください。

それと、健康的な毎日を送るというのは、整腸作用のある食材を正しく摂取しているという意味でもあります。記事内では、整腸作用に良いとされている食材、栄養素についても触れておりますので、最新の健康に良い食材の知識を得たいという人にとっても、有用な情報が多く見つかるかと存じます。

また、栄養素の中にはポリフェノールのように、定まった食べ物の中に含まれている栄養素も存在します。しかし、ポリフェノールの摂取は難しく、ものによっては高価な食材を購入し食さなければなりません。

ですが、記事内では高価な食材に含まれている栄養素を、安価な食材で得る方法も案内しています。なので、なるべくお金を使わないで健康になりたいという人も、記事を参考にして、今よりもより良い生活を送れるよう、健康に関する知識を蓄えていただければ幸いです。

捨てるのはもったいない!大根の葉に含まれるβカロテンの健康効果

大根の葉というと、まったく栄養のない部分と思われることが多かったため、今までは使われずに捨てられることが多くありました。

ですが、今では大根の葉には多くの栄養があることも知られるようになり、また、その健康効果に驚く人も多くいます。また、どうして大根の葉の栄養について多くの人が知るようになったのかというと、それは大根の葉などを用いた料理が、レシピサイトで増えているからです。

レシピサイトの中にはクックパッドのように、今ではテレビ、雑誌でも取り上げられているサイトが存在します。その中には、健康を意識したレシピばかりを投稿している人もいるのですが、近年では、大根の葉などの葉を用いた料理、そして効能などが掲載されているため、多くの人が葉の重要性について学ぶ結果になったのです。

まず、大根の葉というのは緑黄色野菜に分類されていますので、緑黄色野菜と栄養価で大きな違いが発生するということはありません。そのため、大根の葉にはカロテン(β-カロテンなど)、ビタミンC、ビタミンKなどが含まれており、しかも葉酸といった今ではサプリメントで有名な栄養まで含まれているのです。

重要なのは、これらの栄養が大根の葉という小さな葉に詰まっていることです。しかも、大根の葉は大根を購入した際に付いてくるものなので、大根を使った料理を考えている人であれば、さらに1品を増やす目的で大根の葉を活用することができます。

このように優れた特性の多い大根の葉ですが、他にもカリウム、カルシウムといった、成長、健康に不可欠な栄養まで他の緑黄色野菜と同じか、もしくはそれ以上の栄養を含有しているのです。ミネラル分は、骨粗しょう症に重要な栄養で、もし不足している場合は年齢を重ねるごとに、足首などに痛み、もしくはいつの間にか骨折といった症状が表れるようになります。

このような症状は、カルシウムが重要な役割を果たしていると思われることが多いのですが、実際は、骨を形成する、作り出す際に必要なたんぱく質、カルシウム、マグネシウムが体に存在しないと、骨粗しょう症のリスクが高まってしまうのです。つまり、骨の丈夫さを真面目に考えていくと、大根の葉のようなミネラル豊富な食べ物を食べることが、いかに重要であるかが良くわかります。

また、今では大根の葉は女性の味方という表現も良く用いられるようになりました。というのも、ビタミンC、ビタミンKは美肌成分で知られているからです。

ビタミンCは肌のみずみずしさに高い効能があり、ビタミンKは肌そのもののくすみを抑える作用として知られています。ビタミンCは欠乏しやすい栄養でもあるので、定期的に緑黄色野菜を食べていない人では、もしかすると、すでに栄養不足の状態に陥っているかもしれません。

さらに、大根の葉を加熱するとビタミンといった、肌、粘膜に作用する栄養を摂取しやすくなります。なので、大根の葉を調理する際は白だしなどで煮詰め、少しだけ砂糖を入れて甘辛いおひたしにすると良いでしょう。

コレステロールを抑制してくれる!漢方で人気のよもぎとクロロフィル

健康、ダイエット目的で漢方薬を使用する人が増えてきていますが、そんな漢方を通じて有名になった食材があります。

それはよもぎなのですが、よもぎは食用だけでなく、漢方においても煎じて使用する割合が高く、且つその健康効果の高さに驚かれる人が数多くいるのです。そもそも、よもぎは健康に良いということは昔から知られていました。

ただ、よもぎの葉などを好んで食べる習慣、もしくは薬に変えて使用する習慣が少なかったため、今までは味を整える際に使用することがある食材、という認識のほうが多かったのです。しかし、今では以下のような栄養をよもぎが含んでいることも知られているため、積極的によもぎを食べる人が増えています。

よもぎの成分にはクロロフィルが含まれるのですが、クロロフィルを体内に摂り込んでいると、クロロフィルの影響でコレステロールを抑制することができます。これにより、肥満体型の緩和、もしくは食事などを美味しくいただけるようになり、お通じが改善される人も多くいるのです。

クロロフィルには、血中の脂質を正常にしてくれる作用もあります。ナトリウム濃度を下げてくれるカリウムという栄養と似ていますが、クロロフィルの場合は、ほとんどの人が早い段階で効果を実感しているため、カリウムと比較しても個人差が出にくいという利点が存在するのです。

しかも、よもぎは添加物などが一切使用されていない自然由来の食材なので、長く食べ続けても、副作用などが発生するリスクがほとんどありません。ですが、よもぎを食べ続けると、人によっては吐き気、目眩などを感じることがあります。

なので、体調を崩してしまった時など、体調が好ましくない時はよもぎを少しだけ食べて、大量に食べることを避けたほうが、上手に栄養の吸収が行えるようになります。それと、よもぎにはβ-カロテンも多く含まれています。

β-カロテンは若さを保つ上で欠かせない栄養とされているのですが、カロテン(α-カロテンも含む)を多く摂取していると、体内に存在するビタミンAの量が多くなるので、健康に良いとされています。カロテンは、体内に多く存在している状況では、肌、粘膜に使用されるビタミンAに置き換わり、これによりアンチエイジング効果を得られるのです。

つまり、よもぎは肌のくすみ、シワなどにも効果がある食材のため、今では健康、美容の両面で高い評価を受けていることが多いというわけです。さらに、よもぎには以下のような効果も存在します。

よもぎは、高血圧、心臓病の予防にも効果があり、このような効果はよもぎの健胃効果により得られるとされています。健胃効果とは、よもぎを食べることで得られる整腸作用のことです。

漢方では、古くからよもぎを整腸の目的で処方することが多く、食べ物の消化吸収に関する効率が良くなるだけでなく、腸内に存在する菌のバランスも良くなり、これが健胃を支えてくれるのです。しかも、よもぎは腹痛、下痢、冷え性、むくみといった水滞と呼ばれる諸症状にも効果があります。

近年では、よもぎの高い保湿効果も評価されているため、よもぎはアトピーの改善にも期待できるとされているのです。このように、よもぎは体外だけでなく、体内に対しても大きな健康効果を与えてくれる、漢方においても有名な食材なのです。

意外な効果で人気が高まっている!パセリの上手な食べ方と主な栄養素

ほんの僅かだけパセリを料理に加えていると、デトックス効果が高まるという情報が存在しますが、パセリの効果はデトックス効果だけではありません。

そもそも、パセリは栄養が豊富に含まれている野菜で、注目されている栄養には鉄分、カリウムなどが存在します。鉄分に関しては、パセリ100g中に9.3mgも含まれているというデータも存在しますので、実は野菜の中でもトップクラスの栄養を誇る食材なのです。

パセリを手に取った際には、あまりにも他の野菜と比べてサイズが小さく、また、美味しそうに見えない食べ物なので、過去では添え物として利用するのが良く、栄養効果はそこそこという見方も存在しました。ですが、今ではオイルドレッシング、ローションにもパセリの油が使用されており、健康に良いと言われている加工食品と関わりも多い食材として注目されています。

また、鉄分を多く摂取していると貧血予防の効果を得られます。近年では、朝だけ食事を抜くというダイエットを行っている人が増えてきましたので、このような働きを求めてパセリを食べる人が増えてきました。

というのも、食事を抜いてしまうと鉄分の摂取量が少なくなり、しかも、食事を正しくとっていないために元気が出ず、人によっては内臓を傷めてしまうケースまで存在するのです。そして、このような食生活を行っている人は、鉄分をはじめとした、ミネラル不足に陥っていることが多いので注意しなければいけません。

ミネラル不足は新陳代謝といった成長、ホルモンの働きが弱まってしまう状況です。酷いケースでは、肉体、精神ともに安定せず、体調不良に見舞われる日が長くなったり、病気などの治療にかかる期間が長くなることもあります。

パセリには、ミネラルが多く含まれているとされていますが、その中には鉄分だけでなく、カルシウムも多く含まれているのです。さらに、ビタミンB1、B2も多く含んでいるため、内臓の働きを改善してくれる食材としても人気が高まっています。

また、パセリの香りにはピアン、アピオールといった製油成分が含まれているのです。製油成分を正しく摂取していると、口内がスッキリとしやすく口臭を抑えることができます。

さらに、口内環境が正常化するほど、口内に存在する菌、ウィルスの活動が弱まり、これによって体調不良のリスクが減るようになるのです。そのため、パセリの製油成分を含むガムが存在し、ミントといったパセリと同じような栄養を含む食材も、調理、食材の加工において使用されることが多くあります。

補足となりますが、パセリは高血圧予防にも高い効果を発揮します。というのも、パセリにはカリウムと言われる栄養も多く含まれているため、体内に溜まっている毒素を排出しやすくなるからです。

毒素は主に老廃物のことなのですが、老廃物を放置していると、むくみ、冷え性といった神経に影響を与える病気のリスクが高まり、これによりイライラしやすい精神状態、もしくは内臓そのものが重い、痛いといった症状まで表れることがあります。

利尿作用が高い!中高年の方も良く食べているしそとビタミンAの効果

ビタミンAは、昔から健康的な生活に欠かせない栄養として、あらゆる加工品に配合されていることが多い栄養の1つです。

なぜ、ビタミンAは他のビタミンと比較して重用されていることが多いのかというと、以下のような働きで高い評価を得ているからです。ビタミンAには、皮膚、粘膜といった、肌、目の健康を保つ働きがあり、しかも抗酸化力を持ち合わせている栄養の1つとされています。

抗酸化力は、アンチエイジングを通じて有名になりましたが、抗酸化力が弱い体では、免疫力が低いだけでなく、肌などにくすみが生じるなど、肌を保護する力まで弱まってしまうとされています。抗酸化力を高める場合、レバーといったあまり食べ慣れない食材を通じて、多くの栄養を得たほうが良いという意見もあります。

ですが、近年では魚油、植物油を通じて不飽和脂肪酸を摂取していると、抗酸化力が高まりやすいというデータも存在するのです。これはビタミンAも同じで、ビタミンAは肉類、野菜類に多く含まれている栄養なので、無理にあまり食べることがない肉類を意識して、ビタミンAを摂取する必要はありません。

他にも、ビタミンAは動物性食品に多く含まれているレチノール、植物性食品に多く含まれているα-カロテン、β-カロテンとの関係も指摘されています。というのも、これらの栄養が体内に存在すると、ビタミンAに置き換わり、ビタミンAとして体内に働きかけることがあるからです。

デンプンがブドウ糖に変換されるケースと同じなのですが、体内に存在する栄養というのは、単一の栄養として使われるケース、他の栄養と結びつき使われるケースも存在します。なので、健康を保つ上では、カロテンを多く含む野菜を食べて、ビタミンAを補うという手段もありでしょう。

それと、ビタミンAは目薬に配合されていることが多いのですが、その理由は、目が光を感じる際に必要となる色素(ロドプシン)の主成分は、ビタミンAだからです。ビタミンAが不足するとドライアイ、もしくは眼精疲労に悩まされるリスクが高まってしまうため、目の健康にはビタミンAが不可欠とされているのです。

また、前述ではレバーにビタミンAが多く含まれていると案内しましたが、野菜類では、モロヘイヤ、人参、かぼちゃ、あしたばなどがオススメです。モロヘイヤは50gで850マイクログラム、人参は50gで728マイクログラムのビタミンAを含有しています。

ただ、豚のレバーには、50gで6500マイクログラムもビタミンAが含まれているので、積極的にビタミンAを多く摂取したいという場合は、肉類を中心とした食生活で、肌、粘膜に優しい生活を続けてみると良いでしょう。

魚の場合、ビタミンAが多いとされる銀ムツでも、実際は50gで900マイクログラムしかビタミンAを摂取できません。なので、魚を食べているだけで大量のビタミンAを摂取できるわけでもなく、さらにビタミンAは、牛乳、チーズ、卵にも含まれている栄養なので、毎日の献立を考える際は、これらの食材も活かしてビタミンAを摂取したほうが良いでしょう。